借り入れって担保が必要なの?

 

 

借り入れに担保や保証人が必要かどうかは、借りる形態や、そのときの条件によってまちまちです。

 

たとえば、銀行から一般的な融資を受ける場合。これは担保も保証人も必要だと考えた方がいいでしょう。その分、金利が安く済み、大きい金額を借りることもできます。

 

国庫からの融資も同様です。

 

担保は、お金を借りた相手が返済できなくなると、その代わりにするものですから、当然、借りる金額をカバーできるだけのものでないといけません。

 

借りた人が逃げないようにするための「人質」ではありませんので、いくら自分にとって欠かせないもの、大事なものであっても、意味はありません。「それをお金に換えるといくらになるか」だけで判断されます。

 

これが、カードローンやキャッシングになると、システムが違います。

 

担保も保証人も不要です。当然、担保の価値を審査する必要もありませんし、保証人も当てにできるだけの人間かチェックする必要もありません。

 

ですから、契約の審査も素早くできます。よくこれらを「お手軽に利用できる」というのは多分にここからきています。

 

審査するのは、借りる人の「信用力」ということになります。言い換えると「お金をちゃんと返す能力」です。

 

これは勤め先、収入の状況などで判断されます。過去に自己破産などの経験があると、当然のことながら、大きなマイナスになります。

 

こういった審査をしても、返せない人は出てきます。なので、貸出金利は高くなっています。何人かに一人返せなくなる人がいても、そのほかの人からあがる分で、損失分を埋めるようになっています。