借り入れは繰上返済した方がいい?

 

 

「返済は計画的に」なんて、今どきのカードローンやキャッシングの業者であれば、広告のところに必ず一言いれていますよね。

 

業者の側にしても、大いに利用してもらいたいものの、返済が滞らされたり、揚げ句の果てには自己破産でもされて、事実上の踏み倒しになんか遭ったら大損です。

 

借りる側にしたら、できるだけ早く返すことを考えましょう。中には「どこの金利が一番安いか」なんてことで業者を比較する人もいるでしょう。が、もっと総合的に見て、早く返せるところを考えましょう。

 

たとえば、利用できるATMの数と場所。すぐに利用できなければ、返済できるお金が手元にあっても、数日延ばさざるをえないかもしれません。元々の金利が高いので、それだけでも返済額は変わってくるでしょう。

 

で、少しでも手元に余裕が出たら、最優先で返済に回しましょう。繰り上げ返済するのです。残しておく金額は、自分の生活の中でありえる急な出費から考えます。

 

ケガや病気の治療費、友人・親戚の結婚へのお祝いといったことが考えられるでしょう。

 

また、こういったことに先立って、自分の借金が総額でいくらかあるか、しっかり把握しておきましょう。

 

特に返済方法にリボ払いを選んだようなときに、月々の返済額は、借金の総額に応じてそうは変化しませんので、総額には無関心になりがちです。

 

中には……

 

「月々返しているから、減っていっているだろう」と思っていたら、総額が大きくなりすぎ、利息分しか返済できていなかった

 

……なんて人までいます。これではいつまでたっても返済は終わりません。